新着情報

お知らせ

赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン「居場所を失った人への緊急活動応援助成」助成団体募集!

中央共同募金会及び全国の共同募金会では、「赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン」を展開しています。

1.趣旨

 新型コロナウイルスの影響が長期化する中で、経済状況悪化のため仕事や家を失った人たち、虐待やネグレクトなどで家にいられない子どもや若者たち、ストレスから家庭内暴力(DV)のおそれが高まっている家庭など、様々な理由から居場所を失い、孤立する人々の生活課題がさらに顕在化しています。特に、家賃補助等の公的な支援の期限となる本年末には、多くの人が住まいを失ってしまうことが危惧されています。

 こうした人たちに対し、相談に乗り、必要な制度の利用を支援する、居場所を提供する、多様なツールを活用してつながりを作り孤立を防ぐなどの支援が、多様な団体・機関によって展開されていますが、いずれの団体・機関も長期的な支援活動に必要な人材や活動資金は十分ではありません。

 そこで、居場所を失った人々に対する支援活動を資金面から支援し、このコロナ禍において「誰一人取り残さない(leave no one behind)」社会をつくることを目的として、本助成を実施します。

 

2.実施主体

 社会福祉法人中央共同募金会

 

3.助成対象

・社会福祉、地域福祉の推進を目的とする非営利団体(法人格の有無不問)

・応募時点で団体が設立されており、助成対象活動(事業)の実施体制が整っていること(活動年数は不問)

・反社会的勢力及び反社会的勢力と密接なかかわりがある団体でないこと

 

4.助成対象活動

 新型コロナウイルスの影響により、孤立が加速化し、居場所が失われた人や経済的困難に陥った人たちに対する次のような支援活動(事業)で、新しい生活様式に配慮しながら、他機関連携や協働により展開されるものを対象とします。

・相談支援活動    例)心のケアの企画、活用できる公的支援制度の助言など

・生活支援活動    例)生活必需品の提供など(フードバンクは対象外※)

・居場所支援活動   例)DV、虐待被害者へのシェルター提供、居住支援など

・学習支援活動    例)対面やオンラインでの学習支援活動

・つながりづくり活動 例)対面やオンラインによるつながりづくりの活動

・緊急支援活動    例)年末年始の緊急的な相談支援、生活支援(食事・居住)

・その他、孤立を防ぐための先駆的・モデル的な活動

※フードバンク活動については、別途「フードバンク活動等応援助成」を実施しているため、本助成では対象外とします。

 

5.助成事業の対象期間

 2020年12月~2021年12月

 

6.1活動(事業)あたりの助成額

・1事業あたりの助成上限額は300万円とします。

・公的な補助や多団体による助成を受けていない活動(事業)を対象とします。ただし、他の助成を受けていても、経費の明確な区分が行われることを条件に応募できるものとします。

・第1回助成を受けた団体については、第1回助成事業と期間が重複しない場合または第1回助成事業と異なる内容の事業で申請する場合については、申請可とします。

・第2回助成総額は6,000万円を予定しています。

・寄付の状況によっては、第3回目以降の助成公募を行う可能性があります。

 

7.応募方法等

・応募締切日 2020年11月20日(金)必着

・応募締切日までに、下記web応募フォームに入力いただき、web応募フォームからA~Jの提出書類をアップロードして送信してください。(メールや郵送での応募は受付ません。)

・web応募フォームURL https://www.akaihane.or.jp/news/15231/

【応募要項及び応募書】

居場所を失った人への緊急活動応援助成第2回応募要項

居場所を失った人への緊急活動応援助成第2回応募書①(Word)

居場所を失った人への緊急活動応援助成第2回応募書②(Excel)

【web応募フォームに添付する書類】

A 居場所を失った人への緊急活動応援助成応募書①(Word)
B 居場所を失った人への緊急活動応援助成応募書②(Excel)
C 団体としての規約、会則、定款のいずれか
D 2019年度事業報告書
E 2019年度決算資料(活動計算書/損益計算書又は収支計算書)
F 2020年度事業計画書
G 2020年度の収支予算書
H 直近役員名簿 I 実施した活動または予定する活動がわかる既存の資料(チラシ、HPなど)
J 助成金振込口座の通帳2頁目にある金融機関名、支店名、口座番号、口座名義がわかる部分の画像

 

8.問合せ先

 社会福祉法人中央共同募金会 基金事業部 居場所を失った人への緊急活動応援助成担当

 TEL 03-3581-3846

 E-mail kikin-oubo2@c.akaihane.or.jp

≫ Read More

2020/11/13 お知らせ

令和2年度市民福祉講座受講者募集!今回のテーマは子育てです!【申込みはこちらから】

令和2年度市民福祉講座の受講者を募集します。

 

 初めて経験するコロナ禍での子育て、大変ですよね?落ち着いてきているとはいえ、まだまだ気は抜けない状況です。

 今回の市民福祉講座は、そんなコロナ禍での子育てに役立つ講座を企画しました!また、感染予防のため動画視聴型となっております。気軽にご自宅で受講してみませんか?

 

【日程・内容】

1月18日(月)13:00 ~ 1月29日(金)17:00

①コロナ禍での子育てQ&A(乳幼児向け)

 講師:助産師 寺田 恵子 氏

②自宅遊びにマンネリ化…、こんな遊びはいかが?

 講師:児童厚生員 森 郁子 氏

 

【申込方法】

市社協大和支所(☎76-4833)

又は下記URLの申込み専用ページから

https://yanagawa-shakyo.or.jp/course_registration/

 

【申込期限】

令和3年1月15日(金)

 

※受講者には、動画視聴用URLを送信します。

※ライブ配信ではなく動画視聴型講座のため顔出し等は一切ございません。

 お好きな日、お好きな時間に受講ください。

 

【チラシ】

 

令和2年度市民福祉講座チラシΔ1.jpg

 

≫ Read More

2020/11/11 お知らせ

R3年度「地域ボランティア活動支援のための助成事業」に係る助成団体募集!

 福岡県社会福祉協議会(以下、「県社協」という。)では、ボランティア活動の促進を図るため「地域ボランティア活動支援のための助成事業」を実施しています。
 本事業は、「社会福祉法人福岡県社会福祉協議会助成事業(プログラム)」と、併せて「西部ガス株式会社」及び「一般財団法人福岡県職員互助会」の御協力のもと、「西部ガス株式会社ボランティア助成プログラム」(以下「西部ガス助成」という。)、「一般財団法人福岡県職員互助会ボランティア助成プログラム」(以下「県職員互助会助成」という。)の3事業で構成されています。
 事業の概要については以下のとおりです。

 詳細については、必ず実施要綱等をご確認ください。 

 

1.対象となる団体
 子どもの健全育成、高齢者・障がい者等のための福祉活動、環境保全やまちづくり活動等、住民の主体的参加に基づく福祉コミュニティづくりに寄与するボランティア活動を行っている団体等。詳細については、「地域ボランティア活動支援のための助成事業実施要綱」等を参照。

 

2.助成期間
 令和3年度・令和4年度の2年間
※助成期間中、助成額をすべて活用した場合でも、2年は決定事業の事業報告が必要です。

 

3.助成額
 1団体につき総額30万円以内 ※決定後一括交付します。

 

4.助成団体数
 30団体程度(「西部ガス助成」、「県職員互助会助成」を含む)

 

5.申請手続き
 申請を希望する団体等は、申請事業を所管する市町村担当部署・市町村教育委員会社会教育担当部署又は市区町村社会福祉協議会のいずれかの推薦が必要ですので、事業を所管する該当機関等にご相談のうえ、必要書類等を該当機関等に提出してください。
※NPO法人についても、原則、申請事業を所管する市町村担当部署・市町村教育委員会社会教育担当部署又は市区町村社会福祉協議会のいずれかの推薦が必要ですが、何らかの理由により、推薦機関からの推薦が受けることができない場合は、県または政令市の設立認可書(写)の添付で推薦があったとみなします。その場合の申請は、直接県社協へ申請いただきます。

 

6.申請様式
 地域ボランティア活動助成申請書(様式1) 記入例

【留意事項】
・申請書は、必ずA4サイズの片面刷りでご準備ください。
ホッチキス留めはしないでください

 

7.助成金の決定
 実施要綱第5条に定める助成事業審査委員会で審査を行い、県社協会長が申請のあった団体に対し、文書でその結果を通知します。なお、審査内容については非公開とします。

 

8.助成金交付式
 決定通知後、助成金交付式(6月下旬予定)を行います。決定団体は必ず1名の出席をお願いします。

 

9.申請期日 
 令和2年12月18日(金)※該当推薦機関必着

 

10.問合せ先
 県社協 地域福祉部 共生社会推進課 TEL 092-584-3377・FAX 092-584-3369

 

★実施要項等★

令和3年度事業チラシ

ボランティア活動分野の分類及び事例

≫ Read More

2020/11/04 お知らせ

心配ごと相談(11月予定表)

11月の心配ごと相談開催日は次の通りです。

❏日程

5日、19日

❏時間

13時~16時

❏場所

柳川総合保健福祉センター「水の郷」2F 団体会議室

☎0944-72-5347

※6月から日程と場所が変更となっておりますのでご注意ください。

※予約は不要です。

来られた順番で、相談を承っております。

≫ Read More

2020/10/27 お知らせ

献血にご協力ください!(11月予定表)

期日 献血会場 受付時間
11月18日(水) 市役所柳川庁舎 10:00~15:30

※献血カードをお持ちの方は、ご持参ください。

≫ Read More

2020/10/27 お知らせ

献血にご協力ください!(10月予定表)

期日 献血会場 受付時間
10月23日(金) JA柳川本所 10:00~15:30
10月30日(金) マミーズ柳川店 10:00~15:30

※献血カードをお持ちの方は、ご持参ください。

≫ Read More

2020/09/28 お知らせ

心配ごと相談(10月予定表)

10月の心配ごと相談開催日は次の通りです。

❏日程

1日、15日

❏時間

13時~16時

❏場所

柳川総合保健福祉センター「水の郷」2F 団体会議室

☎0944-72-5347

※6月から日程と場所が変更となっておりますのでご注意ください。

※予約は不要です。

来られた順番で、相談を承っております。

≫ Read More

2020/09/28 お知らせ

「災害ボラサポ・令和2年7月豪雨災害」第2回助成募集!

中央共同募金会では、被災された方々を支援する「ボランティアグループやNPO」等が被災地の人々と協力し助け合うことで、被災地域の再興に向けた市民の参加を高めることを目的として、当助成を実施します。

(1)助成対象

 令和2年7月豪雨災害で令和2年7月3日から令和3年3月31日までに、被災された方々や地域に対する救援、復旧のための支援活動を行う、被災県内のボランティアグループ、NPO、社会福祉法人、学校法人、公益法人、一般社団法人等 

(2)助成対象活動期間及び助成対象内容

 ①助成対象期間

 令和2年7月豪雨災害で被災された方々を支援するボランティア活動等全般

 令和2年7月3日から令和3年3月31日までの活動を対象とし、すでに終了した活動であっても遡って応募することが可能

 ②助成対象内容

  緊急救援活動、復旧支援活動、復興支援活動

 ③助成額

  活動日数が30日以内(短期)の場合、50万円以内 

  活動日数が31日以上(中長期)の場合、300万円以内

  ただし、1団体1件までの応募となります。

(3)応募締切

  令和2年9月25日(金)必着

(4)応募方法

  コチラをご確認ください。

(5)お問合せ・送付先

  社会福祉法人中央共同募金会 基金事業部(ボラサポ担当)

  〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル5階

  TEL 03-3501-9112(ボラサポ専用ダイヤル) ※受付時間 10:00~12:00、13:00~18:00(祝日除く)

  FAX 03-3581-5755

  E-mail support@c.akaihane.or.jp

  URL https://akaihane.or.jp

≫ Read More

2020/09/16 お知らせ

ふれあい№93(社協だより2020年9月号)発行延期のお知らせ

ふれあい№93(社協だより2020年9月号)発行延期について

当初、9月15日(水)全戸配布予定で準備を進めておりましたが、諸事情により10月1日(木)全戸配布に予定を変更させていただきました。

お手元に届くのを楽しみにされていた皆様には大変申し訳ありませんが、発行まで今しばらくお待ちください。

また発行延期に伴い、社協クイズの応募締切を10月15日(木)に変更させていただきます。

詳しくは、社協クイズページをご参照ください。

≫ Read More

2020/09/15 お知らせ

台風10号の接近に伴う事業中止のお知らせ

台風10号の接近に伴い、9月7日(月)の本会が実施する次の事業(柳川市からの委託事業も含む)を終日中止します。

ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いします。

[閉所する施設等]

 ①大和・三橋老人福祉センター ※9月6日(日)13時から7日(月)終日まで

 ②柳城児童館(つどいの広場事業)

 ③障害福祉相談室「きらり」

[中止する事業]

 ①高齢者生きがい活動支援通所事業

 ②介護保険事業等の在宅福祉事業

 ③ファミリーサポートセンター

 ④ボランティアセンター

 ⑤生活福祉資金貸付事業

 ※新型コロナウイルス関係の特例貸付専用の携帯電話は、電源をOFFにしておりますので、緊急の相談の場合は柳川市社会福祉協議会本所へご連絡ください。

 

≫ Read More

2020/09/04 お知らせ